自分的ライブレポート『自画自賛』

8/25杉並公会堂
楽団カーニバル2001フィルハーモニーオーケストラ

本日は初管弦楽のコンサートです。
って、会社行くより早起きってどういうこと。。。
辛い(><)
それでも遅れることなく到着〜

今日は長い一日でした。
こんな長い演奏会当日は久々だったので、余計長く感じたんですかねぇ〜
とにかく無事当日練習とリハーサルを終え、本番もやりきりました。
楽しかったので万事良しとしましょう。

曲目:モーツァルト 歌劇「フィガロの結婚」序曲
   スッペ    「軽騎兵」序曲
   ビゼー    カルメン組曲より抜粋
   ドボルザーク 交響曲第9番(新世界より)
   エルガー   威風堂々
   オッフェンバック 天国と地獄

フィガロの結婚:
この曲は入りのテーマが早引きで辛かったです。
てか、最後までまともに入らなかった。
この曲はそこに尽きます。

軽騎兵:
ハイポジ、当日のリハで運指がひらめいたり…
そう難しくはないのですが、やはりまだハイポジにいきなり飛ぶのは難しいんですよね。。。
修行が必要かなぁ。

カルメン:
全体に難しいところはないのでこの曲は安心でした。
一箇所だけ昔から弾けないんだけど、そこは目をつむってf^^;

新世界:
ハイポジの一部弾けないところは全般的なので置いといて・・・
基本的には気持ちよく弾けました。
マンドリンオケとは違い、音量でかいから全力で弾くのですが、気持ちいいですね。ちょっと体力きついけど。

威風堂々:
この曲聴くと大学の同期を思い出す〜
コントラバスこんなに難しかったのねぇ〜
びっくり。
弾けねぇ弾けねぇ…

天国と地獄:
これは開放ばかりで楽。
うん。楽。気持ちいい。
体力勝負ですが、バリバリ弾けばいいしぃ〜
楽しかったです。

打ち上げも楽しかったです。
「また来年も」と多くの方にお声かけいただきました。
感謝の言葉もありません。
こんな機会を与えてくださったコンダクター様にも感謝です。
いい勉強もさせていただきました。