自分的ライブレポート『自画自賛』

6/10 タワーホール船堀 大ホール
楽団カーニバル2001マンドリンオーケストラ


最後の瞬間!!
あれよあれよと言う間に当日になってしまいました。
今日は『楽団カーニバル2001第6回演奏会』でした。

NMCでご一緒させていただいているメンバーに誘われて、コントラバスの特訓のため武者修行という名目で参加させていただいたのですが、団員の皆様に温かく受け入れていただき、楽しく練習を重ねてまいりました。
パンフレットにはいつの間にやら「パートトップ」なんていう偉そうな肩書きまで付いてしまい、いやはや…
今更プレッシャーとか言うもんは何もありませんが。

さて、朝、早起きな奥にたたき起こされ、渋々起床。
奥は早寝早起きな人なので、朝強いんですよね。。。
おいらとは正反対。。。
演奏会なんていいから、寝かせてくれ…
と言う俺に、準備を終えてパンを焼いている奥。
雲泥の差です。
何とか準備を終えて、出発。
途中乗換駅で乗り換え口と逆に向かうと言うギャグをかます奥を、コントラバスを抱えながら追いかけつつも、何とか無事会場到着。
一応これでも学生時代からマンドリンオケやってますからね、準備の段取りはなんとなく分かります。
楽器を舞台袖(コントラバスはステージから下ろさないので、調弦用楽屋は用意されない)へ運び、打楽器やステージ作りの手伝いをします。
初めて使う会場だったので、搬入口とか良く分からなかったのですが…
去年使った経験者の方、頼みますよ(笑)
意外と女性陣は館内の構造知らない(忘れた?)で、うろうろしました。
一通り座席やひな壇を組み終えた後、各自調弦をして、練習開始。

まずは1部練習。
指揮者としては最後の最後まで、少しでも良い演奏にしようと必死です。
ついついつられて練習にも熱が入ってしまいます。
本番への体力残さなきゃ。。。
今回コントラバスは1部が一番の難関なので、結構必死。

続いて2部練習。
先ほどの反省を生かし、30%の力で…
と思いつつ、やはりついつい全力で弾く自分に苦笑しながら、短い練習を行います。

ここで昼休み。軽く食事をします。
当日お仕事を分担されている人は右へ左へ大忙しなのですが、何もない自分は案外のんびり。
パディントンは実は悲しい生い立ちだとか、リアルアンパンマンの不気味な写真だとかを見ながら、ドラ・チェロのみなさまと歓談のひと時^^

そして3部練習。今度こそ30%の力で…
って、思いはしても、やっぱり楽器を弾き始めるとダメなんですよね。
ついつい熱が入ってしまいます。すでに疲れ始める(爆)

そして、通しリハ。
社会人団体は日数が取れないから、事前にホールを借りてゲネプロなんて出来ないんですよねぇ。
なので、当日やるんだろうなぁ。
体力使うから、自分的には勘弁して欲しいのですが。。。
これ、演奏は「したこと」にして、入退場とかだけやるんじゃダメなんですかねぇ?
その分練習に回してあげた方が指揮者も気持ちにゆとりが出来るのでは?
いや、それは変わらないか。
きっと色々試行錯誤の上たどり着いたスケジュールなのでしょうから、文句をつける気はないですが、若干疲れる。。。
その後さんだぁさんと「打ち上げリハ」まで行い、夕食。
後は本番を待つばかり。
コントラバスは調弦も各自なので、意外と暇があります。ソファで昼寝(笑)
学生時代は15分の休憩で、マンドリン10台くらいを調弦していたので、結構戦場でしたが、いやぁ、時間的余裕ありありですね。

そしてついに本番!!

<セットリスト>
第一部 
序曲ニ短調 / S.ファルボ
詩人の瞑想 / G.マネンテ
海の組曲  / A.アマディ

第二部 
ツップオーケストラのためのRUMBA / D.クレイドラー
リベルタンゴ / A.ピアソラ
映画「ハウルの動く城」より「人生のメリーゴーランド」 / 久石 譲
映画「ニューシネマパラダイス」より
「ナタ愛のテーマ」「ニューシネマパラダイス」 / E.モリコーネ
(サプライズ企画)結婚行進曲

第三部 
プレリュード2 / 吉水秀徳
「スペイン」第2組曲 / 鈴木静一

アンコール
スピッツメドレー
天国と地獄

序曲ニ短調…
この日記にも何度となく出てきた曲です。
少なくとも去年のNMCと今回のカーニバルを通して、最難局でした。
久々にメトロノーム使って練習しました(!?)
その甲斐あってか、途中で落ちることなく(部分部分はありますが)、最後まで完走することが出来ました!!
この曲はそれだけで嬉しいですね。
曲が速く、コントラバスにしては譜が多いので、暗譜しないと弾けなかった曲です。
がんばりました。

詩人の瞑想…
導入部、奥とGt.のソロで始まります。
前々からソロが上手く弾けないと緊張気味だった奥。
後ろから見ながら、こちらも大緊張でした。
とても綺麗に弾けていたと思います^^

海の組曲…
学生時代にマンドリンで弾いた曲でした。
コントラバスってこんなにつまらない譜面だったのね(笑)
暇なんです。とにかく暇なんです。
しかも眠くなるんです。この曲。
もう一人のバシストと、寝ないことを目標にがんばりました(笑)

ツップオーケストラのためのRUMBA…
ポップスやロック出身のベーシストである私には、案外楽な曲。
しかも、ノリノリなんですよね。
ただ、ベースがリードしていくような感があるので、乗りよくしっかり音量出さなきゃいけないので、Pizzの指が痛いのが…
指揮者と奏者のつなぎ役になれるよう、気を張って演奏しました。
いや、こういう曲は楽しい^^
今回の演奏会で一番楽しかった曲ですね。

リベルタンゴ…
この曲もRUMBAに近いものがありますね。
お客さんも知っている曲だけに、荒が目立つので、さらに厳しかったりします。
でも、好きな曲だから音量全開で楽しんで弾きました。

人生のメリーゴーランド…
この曲が意外と難しい。
ポップスの難しさで、なんか変な動きなんですよね。
運指がし辛いというか、なんというか。
しかも、ポップスはベース音が響いた方が心地よいので、音量もいるし。
最後まで四苦八苦した曲の一つですね。

ニューシネマパラダイス…
ナタは川口でも弾いていたので、「前回よりも大きな音で、上手く」がテーマだったのですが、どうだったかはよく分かりません(苦笑)
それほど難しい曲ではないので、弾くこと自体は難しくないのですが、人生のメリーゴーランドと同じでポピュラーは難しいです。

サプライズ…
今回結婚するという方のお祝いを本人たちには内緒で敢行!!
こういうの好きなんですよね。楽しくて。
内輪ネタではありますが、お客さんも不愉快な思いはしないと思うのです。
また、こんなのをみて「自分もこんな団体でステージに上がりたい」と思ってくれる人がいたら、また新たな出会いになるわけで、素敵だと思います。
本人達の驚き顔、見ものでした(笑)

プレリュード2…
ちょっとだけ難しいのですが、そこはチェロに任せて(笑)
実はちょっとだけお客さん気分で、楽しんで弾いていました。

「スペイン」第2組曲…
なんか、昔弾いたかも。マンドリンで…
という曲。もしかすると聞いただけかも。
ボケが始まっています。
ま、どちらにせよ、それほど難しくは無いが、緊張するところ、盛り上がるところと分かりやすいので、弾いていて楽しい曲。
今の自分のレベルに丁度あっているという感じなんですかね。
自分的には結構上手く弾けたと思うんだけどなぁ。

スピッツメドレー…
だから、ポップスは…
がんばって音量出そうとしたら、なんだか音が汚くて、悲しくなってしまいました。
"キーッ"となってしまうのは力みすぎなのか、弓の当て方が悪いのか。。。
今後の課題です。

天国と地獄…
譜面を貰ったのが先週の日曜日。
譜面を見るのは今日が初めてでした(爆)
意外と難しいのね、これ。
最後の曲だし、ティンパが派手になるので、ま、いいや。
ということで、弾けるとこだけ元気良くです(笑)
気持ちよく弾けました。

全てが終わり、ロビーに行くと、NMCの方々が結構大勢来て下さっていました。
色々差し入れなどありがとうございました。
今回の練習の成果、半年後にNMCに持って帰れればと思っています。

その後片づけをして退館。
皆様は打ち上げに向かわれましたが、蓄積された疲れからか、やりきって燃え尽きたからか、早く寝たくてまっすぐ帰宅。
終わった後にこんなにすっと覚めたのは久しぶりです。
というか、ライブを含めても過去数度しかないのですが、今回はそんな感じ。
家に帰り、シャワーを浴びて、すぐさま寝ました。
お疲れ様でした。

当日お手伝いくださったカーニバル他団体の皆様、会場のスタッフの方、カーニバルマンドリンオケの皆様、ご来場のお客様、本当に楽しい一日がすごせました。ありがとうございます。
プレゼントをくださった方々、良く分からなかったのでどなたにもお渡しせず済みません。
この場を借りてお詫びをするとともに御礼申し上げます。

p.s.てんちゃんへ… 「上田さん」ことひろぽんさんへ って、どっちも本名じゃないって(笑)