自分的ライブレポート『自画自賛』

12/10 四谷 Live Gate TOKYO
Sweet Spice


やさぐれサンタ、まふぃ〜かっこいい^^
今年最後と思われるライブでした。
実は色々用事がこなせる日が少ないので、「まとめて一日で」という思いがあり、集合前に楽器を取りに池袋へ。
で、30分遅れて四ッ谷へ。
二度寝して寝坊したまふぃ〜を除いたメンバーが、四谷三丁目駅近くのサイゼリアで食事をしていたので、合流して、自分も食事。
あぁ、あわただしい…
そして、会場入り。
今回はどこぞのイベント会社さんのイベントだったので、軽く説明を受けて、リハ。
すげ!!ベーアンSWRだよ!!
ライブハウスでは初めて見ました。
あまりスタジオにも無いアンプなんで、いまいちセッティングが分からなかったなぁ。
ま、どんなアンプでも、よほどのことが無い限り音は作れますけどね。
会場に流れる音は、卓からの音が多いから、DI前で(というより、楽器と内臓プリだけで)全て音を作っている自分には関係ないし。

その後、本番まで時間があるので、渋谷のzodiacにTRBを取に。
軽くZodiacで音出したら、驚くくらい音がよくなっていて、びっくりしました。
播木さんも、着けてみたら弾いていて楽しくなるくらい、いい音になったとおっしゃってました。
すごい前に音が出るようになったんですよね。
いい感じだ^^

そして、さて本番!!

<セットリスト>

秋風
オルゴール(X'mas Ver.)
サボテン☆ガール
ごめんね
ラムネソーダ

お空はアップテンポなポップロック。
で、ベースはルートリフで引っ張っていく曲です。
この曲、デモはすごくかっこいい感じのポップロックだったんだけどね、自分が弾くと、ポップ"メタル"?になっちゃうんですよねぇ〜
ま、カラーなんでそのままそのアレンジで行っちゃいましたが。
きっと好みの音がそうなんだろうなぁ。

続いて秋風。
これまたベースのおいしい曲です。
というか、この曲はベースが一番おいしい気がします。
『Aster』とならんで、ベースノリフがかっこいい曲だと思ってます。
秋風のベースリフは、まふぃ〜先生の考案です。

次は今回X'mas用に歌詞が書き換えられた、スペシャルなオルゴール。
鍵盤がベルとグロッケンのブレンドみたいな、すごく綺麗な音なんですよね。
オルゴールなイメージです。
なので、ベースを普通の音域で弾くと重すぎるので、通常よりオクターブ高い音で弾いています。
間奏部分は、6弦ベースの音域を利用して、通常の音域より、2オクターブ上で弾いています。
実はこれが、出来が一番気になる曲ですね。
間違えたのは仕方ないとして、音色と弾き方が、ちゃんとイメージどおりになっていたか、すごく気になります。
早くビデオで確認したいなぁ。

サボテンガールは乗り一発なので、気分を変えて激しく弾きまくりです。
こういう曲はキメをはずさず、乗りよくいけばいいので、実は楽。。。
なので、気が抜けました。
ラスサビ1回し忘れて、一人終わっちゃったよ><;
いやぁ、恥ずかしいなぁ(--;

ごめんねは、いい感じだったんでないですかねぇ。
この曲、『空』とBメロのコード進行が似ているんですよ。
で、一人でぶつぶつ自宅で練習していると、いつもコード進行がわからなくなる曲なんですね。
なので、Bメロを弾くときはすごく緊張しましたね。
確か、間違えずに弾けたはずです。

ラストはラムネソーダ。
これはSweet Spiceの定番曲ですよね!!
でもね、実はこの曲、どの曲よりも鍵盤とのあわせがあるんですよ。
で、ここまで来て、初めてピンチを感じました。
あ、今日、自分用のモニターがない。。。
バラッドは全体が静かなので、しっかり鍵盤聞こえていたのですが…
いや、焦りました。
もう仕方ないので、100%"感"で弾きましたよ。
多分ずれているんだろうなぁ。
こういうときに、普段のリハの成果や内容が出るんでしょうね。
ちょっと、練習に向かう姿勢を考えなきゃなと思った次第です。

それでも楽しく、無事に大きなトラブルも無く、ライブ終了しました。
その後の打ち上げも盛り上がって、楽しい一日でした。

来ていただいたお客様、どうもありがとうございました。

Photo by K.F.

オルゴールのハイポジ演奏。実はグラサンで手元がいまいち見えていません。。。

水玉ポップの冴果ちゃんとかぶりもののリーダ。
そしてメタラーな自分。。。
あ、クールなドラマー、ひろっちもいます。