自分的ライブレポート『自画自賛』

10/1 渋谷 club asia P
kyoko


kyokoさんて、ちいさな体で存在感でかいですよね!!
この日は豊かな歌唱力の持ち主kyokoさんと、
北村さんとのユニットで、
マルヤマさん北村さんの主催するイベント
『listening furniture vol.3』
に出演してきました!!

この日は、直前の仕事の疲れか、
寝坊してスタジオに30分遅刻しました。。。
kyokoさんごめんなさい。
それでもこのユニットで2度目(!?)のスタジオでした。
コードの確認、キメの確認、サイズの調整などなど、
とても当日の作業とは思えないですが、
それでもやらなきゃライブになりません。
ということで、時間延長して曲をつめた後、会場へ。

リハーサルはアコースティックセットの準備に手間取りましたが、
こちらは意外とすんなり終了。
本編の打ち込みは、、、
どうもリズムが聞こえにくくて、少々不安が・・・
ま、なんとかなるか。
ということでスタッフの方によろしくお願いしますと言い残し、
食事に。

そして始まりました始まりました、kyokoライブスタートです!!
<セットリスト>

calcium
FAIRY
桔梗 mp3
ハニーゴースト
Cry mp3

雨はいおりんのアレンジでのkyokoさんソロタイム。
ステージ脇で見ていたのですが、
やっぱすごい存在感だなぁ〜。
その後北村さんの二人でステージへ。
この日のステージは色々悩んだ末、フレットレスで弾きました。
今回の北村さんのアレンジは、打ち込みポップだったのですが、
試してみた結果、kyokoさんの声と歌い方には
フレットレスが合うと判断したのでFで行ってみました。
calciumは3コードしか出てこないのですが、
雰囲気のある曲ですよね。
kyokoさんの歌の魅力が良く分かる曲です。
1曲通して6箇所しか押さえていません(笑)
こういうときはフレットレスって表情つけやすくて良いです。
続いてFAIRYですが、デモにはシンベ色の強い音だったので、
かなり悩んだ曲です。
エフェクタを使う手もあったのですが・・・
ビデオ見たら、キメのリフはぼやけているし、
ちょっと入っているおかずみたいのは中途半端な音だし・・・
お客さんにはどうだったかなぁ?心配な曲です。
桔梗はひろぽんの曲です。
職場の知り合いが結婚するので、その彼にあげようと
作った曲です。(彼にはまだ秘密です(笑))
飲みながら、気づかれないようリサーチをしてみたのですが、
こんな感じの曲が好きそうかな?
てことで、アコースティックにしました。
で、この際だからと、マンドリンを使ってみました。
この曲、あとで対バンの方に「桔梗って言う曲好きです」
と声をかけていただいたりして。。。
ものすごく嬉しかったです。
マンドリンの音も好評で、マイナー楽器(?)奏者としては、
嬉しい限りです。
kyokoさんに歌っていただくことをイメージして作っていたので、
出来上がってみたら、あまりに想像通りできて、嬉しいです。
ハニーゴーストは、北村さん練習中から「メタル」とか言っていて
でも、自分の中の「メタル」なイメージとはかけ離れていて、
アレンジ、結局妥協していつもの「北村節」に合わせた感じに
まとめました。
この曲もベースをフレッテッドにしただけで、印象変わりそう。
ラストCryは、今回一番好きな曲かな。
いい曲ですよねぇ〜
こういう感じの、なんか「一人で土手歩きながら歌いたい」
感じの曲、好きなんです。あ、「」は勝手なイメージです。
ベースも、これはなかなか納得いった感じで、
よかったぁ〜 最後の曲で(笑)

と、そんな感じのばたばたライブでした。
kyokoさん、北村さん、本当にお疲れ様でした。

Photo & Movie by Kazutaka Kitamura and Daisuke Kato

アコースティックなセットも良いでしょ?

ひろぽんはマンドリンという楽器を弾いています。